読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山猫歴史クラブにお邪魔しました

SLG

中学生や高校生の頃にほんの少しだけかじったシミュレーションゲームをまたやりたいと思い、いろいろとインターネットを散策していて偶然発見したクラブです。主催はワークスゼロのリンクスさん。

第3回@笹塚、第4回@阿佐ヶ谷に午後から参加しました。本当にボードゲームをするのは久しぶりでしたが、あっという間に空が真っ暗になりました。時間がたつのが早かったです。こうしたイベントに参加するのは生れて初めてでした。入ろうかなどうしようかなと若干ためらいがありましたが、宗春さん、ひひるさんに会をガイドしてもらい、安心して中に入ることができました。ありがとうございました。

第3回で遊んだゲーム

第4回で遊んだゲーム

まだ始めたばかりで、ゲームの進行を追うのが精いっぱいでした。周りのプレーヤは行動にらしさがあって、こちらはおろおろするばかり、でもちょっとずつルールの進行に馴染んできました。次回トライする時には、あそこはこうしたい、そんなアイディアもわいてきました。楽しみです。

三国志マルチゲーム『三国志遊戯』

劉備を担当しました。初回からエンジョウさんの曹操の攻撃に劉備たじたじ、領土を追われて流浪の旅を続けます。カードの効果的な運用のために、諸葛亮孔明の登用が、曹操を除く全プレイヤーで待ち焦がれたのですが、全く来ません。このゲームでは確かプレイヤー間でのカードのやりとりが認められたはず、かつカードの使用条件(登用条件)が劉備諸葛亮孔明に有利なものが多く、いつ登用されるかが鍵だったように思います。さらにお城の建設だったかイベントで劉備身動きとれず。結局ターン終了して曹操の勝利で終わりました。

サイパン戦車線』

日本軍を担当しました。リンクスさんに1ターンに2回移動ができる戦車の初期配置がポイントです、とアドバイスをもらい、手前中心に配置し、1ターンに臨みました。移動は1ヘックスのみでしたが、移動する先のヘックスによっては戦闘結果による効果で除去される場合があり、その1ヘックスに結構悩みました。

戦車はリンクスさんの布陣により右側に回り込むことが出来ずいいことなし、結局、左側に方向を転じざるをえませんでした。しかし全ターンから考えると敵の基地に到達するには遠すぎることがわかり、左側の攻撃はあまりパッとしないまま終わりました。一方、右側海岸沿いはリンクスさんのサイの目がふるわずどんどん前に前に移動が成功し、気づいたら敵のキャンプへの侵入に成功し、勝利条件を満足してゲーム終了となりました。写真はゲーム終了時のものです。


『バルバロッサ(仮)』

北方軍集団を担当しました。このゲームの背景事情(特に地名)に疎く最初はついていけるのか?と心配でした。が、リンクスさんのルール説明と、morita さんの水先案内で、背景事情はともかく、次に何をすればよいかの見通しは立ち、途中からはカードの切り方も含めて、自分はこうしたい、を出せたのかな、と思います。パルチザンの出現による補給路の遮断、他プレイヤー率いる軍勢もしくはリーダーを自軍の制御化にする、敵勢力の増大など、なかなか思うように進軍・攻略できないイベントをどう切り開いて進んでいくか、頭を悩ませました。

張儀

趙を担当しました。リンクスさんのインストラクション (インスト?) で、移動、攻撃、徴兵について学んだところでゲームスタート。最初のターンで自分が天命チットで趙をひいたので、ちょっと軽く攻撃してみようと他の領土に進軍したところ、リンクスさんから『iriyakさん、趙でしょう』と図星され、一瞬ひるみました。ここは隠さねばと思い、他の国についても趙と同様に進軍できるようであればする、出来なければ徴兵して終了を数ターン繰り返しました。

さて、そのためか、どの国も戦力が拮抗し、なかなか動こうにも動けない状況が続きました。リンクスさんもダイスがふるわず進軍するも退却が結構ありました。途中に韓の勢力が伸びますが、ここは周りから少しずつ攻撃し削ぎ落とし落ち着かせます。

しかし、リンクスさんの国はいまだよくわからず、かといって趙も勢力が切れ切れで、他の国からいつでも滅ぼされてもおかしくない状況。やばい、ということで、何とか趙の延命をしつつ都市のある領土を確保しながらゲーム終了となりました。勝利条件で僅差で iriyak の勝利となりました。

次回は最初から戦闘を積極的に指示して大きな動きのある展開にチャレンジしたいです。


ゲーム終了後には、ワークスゼロさん主催の吞み会。どちらも参加しましたが、ゲームをとりまく楽しい話で盛り上がりました!ゲームを酒の肴にできるのは何とも楽しい。

ワークスゼロの皆さん、楽しい時間をどうもありがとうございました。